若さを奪い返したいという想い

笑うと頬にやれるほうれい線。初々しい位は特に気にしていたわけではないのだけど、年を重ねるごとに跡が余るようになった。

さすがに気にしないわけにもいかずビューティー液においてみたりもしたのだけど、消えて消え失せるはない。

目のあたりの小じわ、口の周りにこなせるほうれい線、眉間のしわ、見つけ出したくないのだけど、メークアップをするときに断じて探して仕舞う。

毎日措置はやるものの、次いでどうこう繋がるものではないらしき。

具合の美しさ、若さは失ってはじめてそのプラスのがたいに気付いて仕舞うアイテムなのだろうか。

多少なりとも若々しく見られたい、多少なりとも幼くありたい、そういった思惑がどんどん大きくなっている。

断然昔の近くに出会うというそんなに想うことが多い。同窓会ともなると。。。

5年頃、10年頃、そうして20年頃。うちが越えるのをこんなにも速いと感じたことなど今までなかった。

年を取るとはこういうことなのだろうか。残り10年代、いえ5年代で良いから若さを奪い返したいって願って仕舞う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です